源太日記と岐阜

岐阜県産地での伝習・交流
ー「源太日記」よりー

訪問・伝習の概要

明治14年に岐阜県美濃国恵那郡中村の松井利吉、武儀郡上有知村の須田清英が来たということが明治21年の日記に記されていて、長い交流があったとわかる。源太は、研究開発の初期に美濃和紙である典具帖紙の漉き方を学び、改良したとされており、高い技術を持つ産地どうしでの交流であったと言える。明治27年に石川県で開催された関西府県連合共進会では、資産家でありながら技術指導者でもあった岐阜の武井助右衛門が源太と共に審査員となったことが記されている。明治28年には源太の甥の吉井寅之助が、29年には親戚である国乗龍資が岐阜県へ指導に行ったことが記されている。源太の身内が指導に赴いた産地であった。

伝習についての記述明治23年に、美濃から独自に大型簀桁を高知へ学びに来て、地元で私財を投じて伝習所を創設した(『美濃市史』)功労者である沢村千松と交流があったことが示されている。明治36年12月3日に「岐阜県武儀郡下牧村 沢村千松の手紙で伝習に雇い」という記述が見られる。明治38年には武井助右衛門から自慢の製品が送られて来たようで、これに対して「1月26日 過日は御製品御送付下さり有難く。毎々拝見致しますところ、百方千化万々、改良の仕方、実に同業家にも伝覧いたさせます。御蔭で野地の参考の一緒に勤め申しますので、この(日露)戦後紙業拡張の御考案御願い申し上げたく。右斗万々御礼のみ。
38年1月26日 武井助右衛門様」という丁寧な礼状を送ったようである。

訪問・伝習先との交流

明治28年に京都市で開かれた第四回内国勧業博覧会では、岐阜県で教師をしていた吉井寅之助との再会もあった。「4月14日 午後6時寅之助岐阜県より来る。4月21日 10時寅之介本日岐阜に帰る。朝一杯で別れをする」またこの時、岐阜県で伝習を受けた人の息子が会場へ尋ねてきて、土地の名産を源太に贈ったこともあった。「5月2日 岐阜県坂本村(旧恵那郡)蒔田氏長男来る。土産、椎茸、ウド、その外トヲキチラウという物持参あり、受納する」(「トウキチロウ」の名前は「木の下に生える」ことから、山菜のモミジガサのことと考えられる)

伝習後の産地

日記にも出てくる沢村千松、武井助右衛門といった人々が産地の発展に尽くし、この際に高知県から必要な技術や技法を学んだ。高い技術を保持していた産地であるが、明治期を通してさらに技術を高め、高知県と共に海外輸出用の紙を生産していく。