鳥取の和紙産地再訪

2018年5月に鳥取県の紙産地を再訪しました。
青谷町の和紙工房・山田館長さん、大因州製紙協業組合の理事長、専務理事や資料館をご案内くださった塩さんご一家、因州和紙協同組合の長谷川理事長さん。
佐治町の佐治紙業協業組合の岡村理事長さん、和紙工房かみんぐさじの専務取締役・井上さん。
お時間を割いて色々なお話を聞かせてくださったり、由緒ある場所を案内してくださったり。
本当にありがとうございました。


青谷町にある因旛紙元祖碑

佐治町にある佐治紙祖碑

2003年に、「和紙について勉強を始めた人」として、とにかく各和紙産地を見て回ろうという姿勢でうかがって以来の産地でしたので、感慨がありました。その時も色々親切にお話をしていただきましたが、自分の方で知識を持ってから聞くのとは、やはり違うと感じました。
印象として、そのころより、何か、新しい動きを感じられた気がしました。
当時は多分、この産地の主力産品である書道用紙が売れなくなる一方、新しいこともまだ始まっていないという状況だったのでは?と思います。

また、改めて強く印象に残ったことは、紙漉きの漉場の清浄さでした。
そして、紙を漉く人々の芯の通り方のようなもの。
そうでなければ清浄な紙は漉けないのだなという感じがしました。
こういうことは今までも本で読んでいたのかもしれませんが、今回改めて実感しました。
「産業」という目だけで見ることに何か間違いがあるのではないかということを考えました。

青谷では吉井源太とのつながりのお話がうかがえたことも大変うれしいことでした。


美を感じさせる紙漉き道具(青谷町の長谷川製紙所にて)

鳥取駅コンコースの「因州和紙の花アート」展示ー梨の花と白うさぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です